香川ヨーガ道友会

会長 倉本 英雄様

URL: http://www.kagawayoga.jp/

―――「香川ヨーガ道友会」の歴史を教えてください。
「昭和51年に、私が高松工芸高校の教諭時代に、ヨーガ実修会としてスタートしたのが最初で、昨年、創立30周年イベントを行うことができました。今では、香川県だけでなく、大阪や九州にも、ヨーガの輪が広がっています。」

―――現在の会員数は?
「正会員が2300名、準会員も併せますとおよそ8000名の方が、ヨーガを楽しまれています。」

―――どのような活動をされていますか?
「日ごろは、文化施設や公民館などでのヨーガ教室を実践。年に数回は、「森林浴ヨーガを楽しむ集い」や、「早朝・青空ヨーガの集い」などの合同イベントもあります。」

―――活動のモットーは?
「三つの目標を持って活動しています。まず、YIE「教育の中にヨーガを」という呼びかけです。児童・生徒へのヨーガ指導を通じて、いじめや自殺などの社会病理を無くしていきたいと思います。次に、「MMK運動」(もてて、もてて、困る)です。明るく笑顔のさわやかな人は誰からも好かれます。そんな魅力ある人づくりを目指します。最後に、孤独・孤立を無くす豊かな師弟、友人作りです。ヨーガは、年代を超えて幅広く交流するのに最適な健康法です。そもそも、「ヨーガ」の語源は「結びつける」という意味です。ですから私たちも、心の交流や魂の触れ合いを通じて、心の絆を強めることを目指しています。」

―――最後に、アスクルに対する印象は?
「ネット社会の到来で、時間や地域の壁を越えて、良いものは一瞬にして広がる時代になったなと思います。本物だけが残る社会になったと言えるかもしれません。私たちの年代では、ネットビジネスについては、殺伐とした冷たいイメージを持つこともありますが、アスクルには、潤いや暖かさを残しながら発展してもらいたいと思います。」

Copyright(c) 2006 RNC Service All Rights Reserved.